フィリピン 中国からの紙輸入を警戒

Philippine Notebook and Pads Manufacturers Association および製紙メーカー代表は、中国からの安価な紙が氾濫し、地元企業の生産を脅かしていると述べた。
そのうえで、政府に対し、原材料の輸入関税の撤廃または引き下げを要望した。
すでにいくつかの地元メーカーは、内外価格差の拡大から、海外生産に移行している。このため、紙製造分野では1年間で5%の雇用が減少した。
業界は関係省庁に対し、世界貿易機関の規約にしたがって関税を削減するとともに、輸入について品質と価格が基準に合っているか監視することを求めている。
Local paper industry threatened with extinction

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。