WTSA 古紙対象の燃料油サーチャージ導入へ

北米西航安定化協会(WTSA)は来年1月1日付けで、古紙を対象に運賃本体と切り離した燃料油サーチャージを課徴する。
WTSA Lines to Phase in Full. Floating Bunker Charge for Wastepaper Shipments to Asia
今年上半期には40フィートコンテナ換算で23万3千本分の古紙が米国からアジアに海上輸送された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。