米貿易委員会報告書 コート紙AD、CVD最終決定

米国国際貿易委員会 (USITC) は12月、中国、インドネシア、韓国に対するアンチダンピング及び相殺関税の最終決定についての報告書をまとめた。
報告書は、調査期間における中国からの輸入数量及び占有率の増加はおよそ適正であり、切迫した損害を示していないとした。そのうえで、商務省が示した補助金及び適正価格以下の販売が、米国に損害、またその脅威を与えていないと結論した。
USITC報告書ファイル(PDF226ページ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。