2009年上質コート紙(港別・国別)輸入実績

2009年の上質コート紙輸入量は314,599トンと対前年比316.6%。
国別ランク:(1)中国234,307トン[単価78.8円]、(2)韓国33,106トン[単価87.9円]、(3)米国24,589トン[単価84円]、(4)台湾13,999トン[単価84.8円]、(5)スウェーデン2,797トン[単価93.3円]、(6)カナダ1,774トン[単価82.7円]、(7)インドネシア1,215トン[単価68.1円]、(8)オーストラア584トン[単価95.4円]等。尚 ドイツから1,163トン、フランスから509トンの実績あるも、平均単価がそれぞれ415円、200円となり、上質コートとは考えにくい。
港別ランク:(1)東京港166,981トン、(2)大阪港71,896トン、(3)名古屋港24,458トン、(4)博多港18,098トン、(5)神戸港6,755トン、(6)福山港6,078トン、(7)塩釜港4,000トン、(8)石狩港2,895トン、(9)金沢港2,535トン、(10)横浜港2,473トン、(11)三島港2,232トン、(12)苫小牧港1,601トン、他、門司港1,404トン等。
◎東京港や大阪港には各国から輸入品が到着、成田空港も907トンの実績がある[見本品の輸入か]
◎中国品 上位港―東京港、大阪港、名古屋港、博多港、福山港、神戸港
韓国品 上位港―東京港、大阪港、博多港、名古屋港、石狩港、三島港

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。