米国 中国からの紙類などに追加関税を決定

米国政府は17日、中国からの2千億ドル相当の輸入に対し、9月24日から10%の追加関税を賦課すると発表した。また2019年1月1日からは25%とする模様。

https://ustr.gov/about-us/policy-offices/press-office/press-releases/2018/september/ustr-finalizes-tariffs-200

米国の中国からの紙類(HS48類)の2017年輸入は32億7千9百万ドルとなっている。

2017年米国輸入統計

 

中国 米国に対し報復関税を公告

中国商務部は18日、9月24日より米国に対し報復関税を実施すると発表した。紙類では、印刷用紙などにつき10%、パルプ、クラフトライナー(未晒)、クラフト紙、コート紙(ロール状)などについて5%の関税率となっている。

商務部公告

関税税則委員会広告

 

 

紙・板紙海外動向 2018年7月 米国 

2018年7月 米国輸出

紙・板紙輸出合計は83万7,192トンで前月比は2.0%増となった。そのうち、紙合計は19万4,328トン(同1%減)、板紙合計は64万2,864トン(同3%増)となった。

紙のうち、新聞用紙は1万7,041トン(同11%増)。メキシコに同3%減。中国に同2.5倍。塗工印刷用紙は6万1,160トン(同3%増)。カナダ向けが同6%増。オランダに同2.2倍、オーストラリアに同2.0倍。

板紙のうち、クラフトライナーは36万5,713トンで同2%増となった。メキシコに6万2,799トン(同17%増)、中国に5万4,993トン(同1%増)。塗工白板紙は9万2,045トン(同7%増)で、メキシコに2万9,777トン(同41%増)。

古紙輸出は合計147万1,740トン(同8%減)。中国に44万526トン(同31%減)、インドに24万6,153トン(同2%減)、メキシコに13万5,241トン(同3%減)など。

2018年7月 米国輸入

紙・板紙輸入合計は74万1,590トンで前月比は横ばいとなった。そのうち、紙合計は55万5,688トン(同1%減)、板紙合計は18万5,902トン(同4%増)となった。

そのうち、塗工印刷用紙は14万4,634トン(同6%減)。韓国から3万2,933トン(同18%増)。フィンランドから2万1,025トン(同43%減)。塗工白板紙は6万4,431トン(同11%減)。カナダから1万8,917トン(同4%増)、フィンランドから1万8,891トン(同16%減)、スウェーデンから1万720トン(同36%減)。

トイレットペーパーほか家庭紙合計は5万4,351トン(同6%減)、金額は1億2,099万6千ドル(同5%減)。中国から2万8,039トン(同8%減)、6,256万8千ドル(同4%減)。

Source: Trademap