2015年10月 中国、韓国コート紙輸出統計

2015年10月の中国コート紙輸出は合計で9万8,429トン(前年比0.2%減)、そのうち日本向けは1万3,819トン(同8.4%増)、米国は1,243トン(同4.5倍)、EU27か国合計は1万4,250トン(同4.1%増)となった。同1-10月累計は合計で92万3,543トン(前年比12.3%減)、そのうち日本向けは13万3,121トン(同10.6%減)、米国は1万2,496トン(同22.0%減)、EU27か国合計は10万5,428トン(同34.0%減)となった。

2015年10月の韓国コート紙輸出は合計で11万5,788トン(前年比5.5%減)、そのうち米国向けは2万2,533トン(同22.0%減)、日本は5,441トン(同25.9%減)となった。同1-10月累計は合計で116万9,655トン(前年比8.7%減)、そのうち米国向けは27万3,182トン(同3.5%減)、日本は5万8,469トン(同38.3%減)となった。

※通関統計は当該国の申告にもとづいて作成されるため、輸出入に対応する月次、品目が一致しない場合がある。HS番号の4810.13,14,19を合算した数量。

2015年10月の中国中質コート紙(HS4810.22,29)輸出は合計で3万7,697トン(前年比25.2%減)、そのうち米国向けは423トン、EUは9,058トン、日本は1,504トン(同2.3倍)となった。同1-10月累計は合計で43万4,805トン(前年比14.0%減)、そのうち米国向けは9,335トン、EUは6万8,024トン、日本は1万1,453トン(同50.3%減)となった。

2015年10月 中国コピー用紙輸出統計

2015年10の中国コピー用紙(HS480256特定形状)輸出は3万3,961トン(前年比30.2%減)で、そのうち日本向けが1万3,569トン(同6.2%増)、米国向けが54トン(前年1万1,199トン)となった。

同1-10月累計は38万6,360トン(同19.8%減)で、そのうち日本向けが14万8,674トン(同7.9%増)、米国向けが1万9,303トン(同79.7%減)となった。

世界段ボール需要予測

米リサーチ Freedonia社は、世界段ボールの需要が2019年には2,600億平方メートルに達し、年間成長率が3.7%になるとのレポートを発表した。

そのなかで、2014年にはアジア太平洋地域の需要が1,083億平米で世界の約半数を占め、2019年には同1,386億平米となり年間成長率は5.1%の予測とした。

一方、相当なマーケットを有する南アフリカ、トルコおよびイスラエルなどの湾岸諸国においては、潜在的な需要に対する供給力が不足しているとの見方を示した。