インド 製紙市場に拡大余地

経済発展著しいインドでは製紙産業も急速に成長しており、近年は2桁成長となっている。増設向け新規投資額は25億㌦を超え、200万㌧の増産が予想される。インド紙・板紙需要量は2015年には1400万㌧―2000万㌧に達する見込み。消費量は、1994年320万㌧、2004年700万㌧、2007年888万㌧、2010年1100万㌧前後と推移している。
1994年から2004年の10年間に紙・板紙生産量は286万㌧から623万㌧と約2.2倍増加、年成長率は7.8%。2006年は700万㌧、2008年800万㌧以上、2009年869万㌧で世界11位となり、2010年は900万㌧を凌駕した。パルプ生産量は2008年367万㌧、2009年380万㌧(世界11位)。一人当たり紙板紙消費量は依然低水準で2009年8.4kgと世界平均57.5kgやアジア平均40.8kgから大きくかけ離れており、成長の余地がある。インド最大の製紙メーカーTNPL社の印刷用紙能力24.5万㌧は、2011年末に15.5万㌧増加し40万㌧に達した。大手製紙メーカーJK紙業は3.73億㌦投じ工場建設し2012年に紙・板紙生産能力を26万㌧から40万㌧にする。
7月19日付け 台湾紙業新聞から抜粋

チリ 2012年上半期パルプ輸出量増、金額減

本年1-6月の輸出量は12.2%増加したものの、価格下落により輸出金額は10.5%減少し12.75億㌦であった。輸出仕向国は欧州及びアジアが中心で、上半期欧州向けが大幅に減少し金額的には昨年1-6月期の4.56億㌦から3.58億㌦に減少、アジア向けは7.62億㌦。価格の低下により、パルプメーカーの利潤も減少している。チリ工業組合及び工業協会では下半期もパルプ価格が反動することはなく、下落傾向が続くか横這いと見ている。
8月1日付け 中国紙網から抜粋

中国 中順潔柔紙業、18億元投じ高級生活用紙拡大計画

中順潔柔紙業(C&S)は広東省西部羅定市で100%子会社―中順潔柔雲浮紙業が総投資額14.5億元投じ年産能力24万㌧の生活用紙生産を開始する旨発表した。第1期工事の費用は6.6億元で12万㌧の工場を建設する。更に100%子会社―成都天天紙業も投資額3.48億元で年産能力6万㌧の高級生活用紙を生産する。(注:中順潔柔紙業2010年能力17万㌧。)中国生活用紙協会の統計では、2011年から中国国内の能力が急速に増加し、2011年は38%増加、2012年の既稼働及び増産計画は148万㌧で、20%以上の伸び、2013年以降の新増設計画は135万㌧となっている。大手3社の計画は次の通り:恒安集団―2012年能力90万㌧、2010年比65%増。金紅葉紙業(APP)―2012年末までに110万㌧、2010年比120%。維達国際―2012年末50万㌧到達、2010年比35%増。
8月1日付け 中国紙網から抜粋

2012年6月 中国・韓国コート紙輸出統計

2012年6月の中国コート紙輸出は合計で13万4,977トン(前年比24.9%増)、そのうち米国向けは1,896トン(同3.3倍)、EU27か国合計は1万9,081トン(同25.4%増)、日本は2万7,223トン(同6.5%増)となった。同1-6月累計は合計で76万5,283トン(同15.7%増)、そのうち米国向けは1万2,599トン(同6.4倍)、EU27か国合計は8万6,909トン(同31.0%増)、日本は22万6,335トン(同72.3%増)となった。
2012年6月の韓国コート紙輸出は合計で14万9,634トン(前年比6.0%減)、そのうち米国向けは2万9,585トン(同8.6%減)、日本は1万3,087トン(同12.9%減)となった。同1-6月累計は、合計で94万1,735トン(前年比8.1%増)、そのうち米国向けは17万9,215トン(同1.6%減)、日本は7万7,003トン(同10.6%増)となった。
※通関統計は当該国の申告にもとづいて作成されるため、輸出入に対応する月次、品目が一致しない場合がある。HS番号の4810.13,14,19を合算した数量。
2012年6月の中国中質コート紙(HS4810.22,29)輸出は合計で3万3,278トン(前年比53.3%増)、そのうち米国向けは1,481トン、EUは2,784トン、日本は6,818(同88.9%増)となった。 同1-6月累計は、合計で18万6,989トン(前年比44.2%増)、そのうち米国向けは9,348トン(同8.7倍)、EUは1万4,901トン(同99.9%増)、日本は3万5,111トン(同77.8%増)となった。

中国 2012年上半期紙・板紙輸出状況

中国税関統計によると、2012年上半期の紙・板紙輸出量は232.1万㌧と前年同期比2.5%増加の小幅な伸びとなった。輸出金額合計は27億㌦で、13.1%の増加。新聞用紙及びライナーの輸出が大幅(50%―84%)に減少したが、コート紙や中芯等は堅調な伸びを示した。
8月10日付け 中国紙網から抜粋

中国 2012年上半期製紙原料輸入状況

中国通関統計によると、上半期の古紙輸入量は1502万㌧(対前年同期比13.4%増)、金額32.5億㌦(3.2%減)、平均輸入価格216.5㌦/㌧(14.6%減)。
欧州品469.1万㌧(17.9%増)、英国165.4万㌧(10.7%増)、オランダ102.6万㌧(12.7%増)、日本18.5万㌧(12.9%増)。米国が輸入先トップで635.9万㌧(10.3%増)、輸入量の42.3%を占める。輸入パルプ量―861.2万㌧(19.7%増)、金額58億㌦(4.4%減)平均輸入価格673.7㌦/㌧(20.2%減)。カナダ216.4万㌧(0.2%減)、ブラジル139.5万㌧(28.4%増)、米国108.9万㌧(49.3%増)
8月16日付け 中国紙網から抜粋

中国輸出コンテナ輸送市場

上海航運交易所(SSE)が8月17日に発表した市場運賃は3週連続で下落、最低運賃は1,400ドル/TEU割れとなり、上海出し欧州向け市場運賃(海上運賃+諸チャージ)は1,505ドル/TEUと前週より6.6%下がった。日本向けでは西日本が同343ドル、東日本が同342ドルでいずれも横ばいとなっている。
8/21 Shipping Guide

2012年7月 中国・韓国コート紙輸出統計

2012年7月の中国コート紙輸出は合計で11万50トン(前年比8.9%減)、そのうち米国向けは1,652トン(同14.7%増)、EU27か国合計は1万2,082トン(同12.9%減)、日本は2万7,446トン(同20.0%減)となった。同1-7月累計は合計で87万5,333トン(同11.9%増)、そのうち米国向けは1万4,252トン(同4.2倍)、EU27か国合計は9万8,990トン(同23.4%増)、日本は25万3,781トン(同53.2%増)となった。
2012年7月の韓国コート紙輸出は合計で16万216トン(前年比1.2%増)、そのうち米国向けは1万6,617トン(同16.4%減)、日本は1万2,111トン(同20.2%減)となった。同1-7月累計は、合計で110万1,968トン(前年比7.1%増)、そのうち米国向けは21万5,773トン(同0.4%減)、日本は8万9,114トン(同5.1%増)となった。
※通関統計は当該国の申告にもとづいて作成されるため、輸出入に対応する月次、品目が一致しない場合がある。HS番号の4810.13,14,19を合算した数量。
2012年7月の中国中質コート紙(HS4810.22,29)輸出は合計で2万3,780トン(前年比20.2%増)、そのうち米国向けは587トン、EUは1,827トン、日本は5,163(同約3倍)となった。 同1-7月累計は、合計で21万770トン(前年比41.0%増)、そのうち米国向けは9,935トン(同7.0倍)、EUは1万6,728トン(同72.6%増)、日本は4万274トン(同87.1%増)となった。

ニュージランド ノースケスコグタスマン新聞用紙能力削減検討

ノースケスコグ社はニュージランド子会社ノースケスコグタスマン(NST)の新聞用紙能力削減を検討中。オーストラシアの需要減やアジア地区の輸出競争激化の影響で抄紙機2台の内1台(15万㌧)の停止を検討しており、9月末までに結論が出る模様。カエラウ工場は抄紙機2台合計30万㌧で高白色新聞用紙と電話帳用紙を生産、生産量の半分以上がオーストラリア及び輸出向け。
8月23日付け EUWID Pulp &Paperから抜粋

オゾン漂白―環境に優しいユーカリパルプ漂白法として注目増

2012年の市販パルプ生産量は6500万㌧に達し、其のうちの28%がユーカリパルプで、世界市場でその重要性を増している。今後5年間の世界パルプ増産計画1150万㌧は全てユーカリパルプである事がその証明。ユーカリパルプの増産にクローンによる植林やパルプ工程技術の向上が寄与しており、既に用途によってはNパルプの代替ともなっている。ユーカリパルプは今日世界市場で最も需要が多くなっている状態。パルプを白色に漂白する際、パルプ内のリグニン、樹脂、ヘキセンウロン酸(HexA)等の着色性不純物を脱色するか、除去しなければならない。今日HexAの除去に酸加水分解法が確立されているが、HexA成分が豊富なユーカリパルプには経済的かつ持続可能で環境に優しいオゾン漂白が従来のECF漂泊にとって替わってきている。オゾン漂白はユーカリパルプ内のHexA値をより多く除去し、塩素全部又は一部使用の漂白法に替わり環境規制やコスト競争力の両面から優位となっている。
2012 AUGUST Pulp & Paper International 及び 2012 July 紙パ技協誌 から抜粋

米国 アルゼンチンの輸入規制をWTOに提訴

米国通商代表部(USTR)は8月21日、日本と共にアルゼンチンの輸入許可制度が国際貿易ルールに違反するとして、WTOに提訴した。EUは既に5月に提訴している。WTOの紛争解決手続きに基づく協議の対象とするのは3項目:①全ての輸入に際し事前申告を義務付ける事前輸入宣誓制度、②約600品目に上る輸入製品を対象とした非自動輸入ライセンス制度、非自動輸入ライセンス制度の対象は紙製品を含む素材から最終消費財まで幅広い製品が含まれている。非自動輸入ライセンスの発給に当たり、輸入と同額の輸出を条件に課される。③輸入業者に要求する輸出入均衡計画書の提出。
8月27日付け 通商弘報から抜粋

世界段原紙生産量推移・分析

世界紙板紙生産量中、段原紙の生産量が最大となっており、1990年代半ばの世界段原紙総生産量は8000万㌧を超え、2002年に1億㌧を凌駕し、2010年には1.39億㌧に達し、史上最高となった。段原紙生産量の成長速度は紙・板紙合わせた成長速度に比べ速く、2001―2010年に世界紙・板紙生産量は3.2億㌧から3.94億㌧に22.7%増加したが、同時期の段原紙生産量は9250万㌧から1.39億㌧と約50%増加している。段原紙生産量の紙・板紙生産量に対する割合は絶えず増加しており、2001年の30.3%が2010年には35.2%に増加した。従来印刷筆記用紙の生産量は紙・板紙生産量の中で最大であったが、2005年に段原紙生産量が1.17億㌧となり印刷筆記用紙の生産量1.12億㌧を凌駕した。◎中国段原紙:2001年生産量超1000万㌧、2006年超2000万㌧、2009年3450万㌧、2011年3950万㌧。2009年に生産量は米国を凌駕した。◎米国段原紙:1998-2008年の年平均生産量は2700万㌧以上(2001年は2656万㌧)、2007年、2008年は其れぞれ3240万㌧、3210万㌧、2009年は2880万㌧に低下、2010年3080万㌧に上昇したが、米国段原紙生産量は2009年以降中国に抜かれ世界第2位。◎日本段原紙:1990年代半ばから生産量は900万㌧以上を維持、2000年には970万㌧に達し史上最高となった。2001年以降下降し、2003年には上昇に転じたが、2009年は821万㌧に下降、2010年は865万㌧、2011年は880万㌧に回復。◎欧州段原紙(欧州製紙産業連合加盟18国合計):2007年2400万㌧強、2009年2274万㌧に低下、2010年2493万㌧。<2009年度世界段原紙生産量1.282億㌧の地域別割合>:アジア5860万㌧(45.7%)、欧州2710万㌧(21.1%)、北米2640万㌧(20.6%)、中南米980万㌧(7.6%)、アフリカ・オセアニア630万㌧(4.9%)
8月30日付け 中国紙網―中国産業研究報告網から抜粋

中国 2012年中国民間企業上位500社中製紙メーカー5社がランクイン

8月30日、全国工商連合会が2012年民間企業500社を発表した。製紙メーカー5社:華泰集団有限公司(73位)、玖龍紙業(控股)有限公司(75位)、山東太陽紙業股份有限公司(84位)、福建恒安集団有限公司(153位)、勝達集団有限公司(350位)
8月31日付け 中国紙網から抜粋