古紙 品質低下について

ドイツ、ベルリンで開催された(INTERNATIONAL PAPER RECYCLING DAY)から一部抜粋
 
古紙再生利用の副作用は、古紙が数回再利用されることで品質低下が起こる事。過去数年間で欧州では古紙使用の新設製紙設備により古紙利用量が増加しており、再利用により古紙の品質は紙製品生産には適さない水準にまで低下している。これが最近欧州製古紙輸出が他の地域より減少している主な理由の一つ。具体的には中国向け数量は2009年の950万㌧から2010年670万㌧へ減少した。仮に品質低下が更に進行すると、欧州古紙と輸入先の回収古紙や欧州以外世界の他の地域との品質格差が狭まることになる。2010年中国の古紙輸入量全体は減少したが、欧州品の減少に比べ米国、日本その他アジア諸国からの輸入量はそれほど減少していない。中国巨大メーカー玖龍紙業(ナインドラゴン)は2008年以来抄紙機を12台設置―古紙各種(主にOCC)使用量500万㌧に相当、2番手のリーマン製紙は3機―100万㌧以上の生産能力を設置した。玖龍製紙は古紙輸入量の35%、リーマン製紙は20%を占めている状態。2011年の中国古紙輸入量は2500万㌧程度で2010年(2435万㌧)比約3.5%増加の見通し。
 
雑誌 RECYCLING INTERNATIONAL April 2011 No.3から

2011年3月 中国、韓国コート紙輸出統計

2011年3月の中国コート紙輸出は合計で13万717トン(前年比6.1%増)、そのうち米国向けは494トン(同81.8%減)となった。同1−3月累計は合計で31万4,437トン(同1.4%減)、そのうち米国向けは1,061トン(同96.5%減)となった。

2011
年3月の韓国コート紙輸出は合計で14万2,944トン(前年比6.9%増)、そのうち米国向けは2万9,237トン(同4.2%増)となった。同
1−3月累計は合計で41万2,644トン(同9.0%増)、そのうち米国向けは9万2,220トン(同10.5%増)となった。

※通関統計は当該国の申告にもとづいて作成されるため、輸出入に対応する月次、品目が一致しない場合がある。HS番号の4810.13,14,19を合算した数量。

2011年3月の中国中質コート紙(HS4810.22,29)輸出は合計で2万318トン(前年比29.7%減)、そのうち米国向け
は87トン(同63.2%減)となった。同1−3月累計は合計で5万7,072トン(同17.4%減)、そのうち米国向けは751トン(同91.2%減)となった。

日貿会主催説明会「インドより帰りて」

4月20日、日本貿易会主催の掲題説明会に出席。講師:堂道秀明氏-経済外交担当大使(前駐インド大使)。 インド政府は2010年通期の実質経済成長率が8.6%、11年が9%に達するとの見通しを発表。わが国との関係では、本年2月に日印経済連携協定(EPA)が署名され、この夏に発効が予定されるなど、新たな関係発展の局面を迎えようとしている。このたび、3年余りの任期を終えインドから帰国した前インド大使から最新インド経済事情や日印関係の説明があった。
 
関係資料当組合にあります。

米国 コンテナ貨物船積み前100%検査実施期限、差し止め法案が上院に提出

米国向けコンテナ貨物の船積み前100%検査を義務づけた2006SAFE Port Act(2006年港湾法)の2012年7月からの実施期限を差し止める法案が米上院に提出された。昨年も同様の法案が提出されたが会期切れで廃案になっていた。2007年8月3日に、テロ対策強化一環として、米国向け海上コンテナ貨物や旅客航空機貨物に放射性物質が含まれていないか、積み地国の港で船積み/搭載前にすべて検査を義務づける条項を盛り込んだ法案(Implementing Recommendation of the 9/11 Commission Act of 2007:9.11委員会勧告実施法)が署名され、米国向け海上コンテナ貨物は5年後の2012年7月、旅客航空機の貨物は3年以内に全量検査が義務付けられることになった。同法に対し、世界各国の政府機関や貿易・物流団体などから、全てのコンテナを船積み前にスキャニングする実行可能性や、当該装置の入手可能性など多くの実施上の疑問が投げかけられ、この種の仮想上の考え方が世界のサプライチェーンマネジメントに甚大な混乱をもたらすとの懸念が表明され、反対の動きが高まっている。
 
4月20日付け SHIPPING GUIDEから抜粋

2011年3月 財務省貿易統計速報

本朝発表された財務省貿易統計速報によると、2011年3月の輸出総額は5兆8,659億5千万円で伸び率はマイナス2.2%となった。そのうち、紙類、紙製品輸出は15万8,374トンで、同マイナス8.7%となった。

(輸出品目別および紙類輸入は27日発表予定)

ドイツ 日本からの非農産品の放射線上限値を税関に勧告

ドイツ政府は4月8日、日本からの出港船舶や非農産品の貨物に対する放射線検査で、船舶・貨物の表面・梱包外側の放射線上限値を1平方センチメーター当たり4ベクレルにするよう税関・港の担当官庁に勧告した。
4月18日付け 通商弘報から抜粋

EU、日本からの入港船に放射線検査

欧州委員会は15日、日本からEU域内港湾に入港する船舶対象に着岸前放射線検査を実施するよう加盟27ケ国に要請した。船舶や積載コンテナから0.3マイクロシーベルト以上の放射線量が検出された場合は除染を求める。
4月19日付け SHIPPING GUIDEから抜粋

米国、カナダパルプ輸出統計

当組合は米国、カナダの晒クラフトパルプ(BKP)輸出について、地域別、国別統計を作成した。

それによると、米国の2010年同輸出は、合計652万7千トンで、そのうち Savannah (GA)から209万1千トンとなっている。カナダは同643万3千トンで、 British Columbia から309万7千トンとなっている。