理文造紙(L&M)44億元投資し能力53%増へ

先のナイドラゴン社の増産計画に引き続きLEE&MAN社も増産計画を発表。2011年から2012年に44億元を投資し現行生産能力445万トンを2012年6月末で695万トンへと約53%増加する。来年のパルプ価格は若干上昇するものの安定的に推移すると予想。但し、製紙原料は98%が古紙で他は自社製パルプの為、パルプ価格が同社に与える影響は極僅かとのこと。目下国内古紙価格はトン当たり1500元。人民元の上昇は、使用古紙の70%が輸入に依存しているものの外貨決済、製品の80%は国内向けで人民元決済、貸借入金の90%は香港ドル建て等で人民元の上昇は同社グループには有利に作用する。
 
9月29日付け 中国紙網から抜粋

欧州製紙産業連合(CEPI)食品包装用紙・板紙製造ガイドライン発表

CEPIはこの度、製紙メーカー向けの製造基準を発表、2002年の改定版。
冷凍食品容器から果実・野菜用段ボール箱の原紙製造まで網羅している。
主内容
・加工工程までの全ての生産工程で2部構成
1部:基礎的製造基準の定義
2部:メーカー側の基準順守手順
・操業担当者はISO9001管理システム[又は同等]の環境にあることが求められている
同ガイドラインは9月付けの発表で、2011年末まで関係者からの各種意見を募集している。
9月29日付け 中国紙網から抜粋

国土交通省―国際コンテナ戦略港湾の整備・機能強化に1313億円概算要求

国交省は国際コンテナ戦略港湾[京浜港、阪神港]のバブ機能強化(日本への基幹航路就航の維持・拡大に向け貨物を戦略港湾に集約)に向けた、インフラ整備と貨物集約などの総合的対策としてに2011年度1313億円の概算要求を出した。
 
◎インフラ整備
・港湾直轄事業の国費負担率と対象施設の見直し
・港湾経営会社取得の倉庫等、上屋施設の税制特例措置
・荷捌き地、荷役機械整備上の無利子貸付
・大型ガントリークレーン等の整備促進
 
◎貨物集約
・戦略港湾と地方港を結ぶ内航フィーダー輸送に不可欠な荷役機械の整備
・戦略港湾に集約積替をする物流構造への転換
(具体的には戦略港湾ヘのフィーダー機能強化に向け、北海道、東北、瀬戸内、九州などで
新規内航航路を立ち上げ広域からの貨物集約を行う)
 
2010年9月 「荷主と輸送」から抜粋

名古屋港 2010年上半期輸出入額全国第一位

◎輸出額 4兆3058億円 全国(5大港中)1位
◎輸入額 1兆8402億円 全国2位(1位東京港)
◎輸出入額 6兆1459億円 全国1位
 
 
<輸出>
紙類及び紙製品 数量46,124MT(対前年同期比147.4%)
        金額9,622百万円(対前年同期比143.6%)
<輸入>
紙類及び紙製品 数量89,908MT(対前年同期比128.6%)
        金額9,734百万円(対前年同期比118.1%)
 
名古屋港 2010SEPT Vol.170から

中国 ナインドラゴン張菌社長、人民元上昇に対する発言

先日の決算発表時、同社長は人民元1%上昇すると同社の利益は1.3%から1.5%増加する旨発言。目下パルプ価格が反落し始め、今後3ケ月で下落傾向となるが、一方古紙価格は安定的に推移すると指摘。同社は現在湖南省で買収計画があることを発表、この買収は今後東北市場への進出の足掛かりとなる。
 
9月28日付け 中国紙網から抜粋 

フィンランド アールストローム社 中国新工場開業

同社はプリコグループから買収した山東省、浜州工場の落成式を行った。
生産品目は自動車用フィルター。中国では輸送機器用フィルター関連産業は年率10%の高い伸びを示している。
同社はアジアに他3ケ所生産拠点(韓国-フィルター、インド―医療用不織布、中国無錫-ダストフィルター)があり、ジアにおける販売高はアールストローム社グループの約10%を占めている。
アールストローム社は世界有数の高級不織布及びフィルターメーカー。

米商務省 AD,CVD 覚書

米国商務省は27日、中国、インドネシアのコート紙輸入に対するアンチダンピング、相殺関税について決議覚書を発表した。
そのなかで、中国のコート紙メーカーは市場経済産業であるとして、同省はアンチダンピングの算定については市場経済の基準をもちいるべきだと述べた。

Published during August 2010 with Unpublished Decision Memoranda

2010年8月 中国、韓国コート紙輸出統計

2010年8月の中国コート紙輸出は合計で8万340トン(前年比32.4%減)、そのうち米国向けは275トン(同98.2%減)となった。
同1-8月累計は合計で77万6,442トン(前年比11.8%減)、そのうち米国向けは3万6,937トン(同71.9%減)となった。

2010年8月の韓国コート紙輸出は合計で9万9,644トン(前年比28.1%減)、そのうち米国向けは3万1,008トン(同74.5%増)となった。同
1-8月累計は合計で96万8,827トン(同11.1%減)、そのうち米国向けは22万9,659トン(同61.2%増)となった。

※通関統計は当該国の申告にもとづいて作成されるため、輸出入に対応する月次、品目が一致しない場合がある。HS番号の4810.13,14,19を合算した数量。

2010年8月の中国中質コート紙(HS4810.22,29)輸出は合計で1万7,575トン(前年比34.7%減)、そのうち米国向け
は134トン(同98.2%減)となった。同1-8月累計は合計で16万4,777トン(前年比15.5%減)、そのうち米国向けは1万2,666トン(同82.4%減)となった。