Archive for the ‘アメリカ州’ Category

アメリカ州 米国10月の印刷・筆記用紙出荷量が前年同月比7%減

米国森林紙製品協会が発表した最新の月次統計によれば、米国10月の印刷・筆記用紙全体の出荷量は前年同月比7%減少となった。10月の印刷・筆記用紙の主要4品種のうち、上質紙カット判の出荷量は前年同月比で増加したが、これは残りの3つの主要グレードの減少により相殺される結果となった。一方、米国の10月印刷・筆記用紙の購入も同9%減少した。また、在庫は前月の9月末から9%水準を下げた。10月の上質紙カット判の出荷量が前年同月比で増加をみせたのは、今年になって2回目である。また9月の同品種の輸入量は同12%大幅減となり、4ヶ月連続の12%以上下落となったが、引き続き輸出量は同26%の大幅増加となり、17%以上の上昇が5ヶ月連続となった。また、コート紙カット判の10月の輸入量は同17%減で、3ヶ月連続の下降推移である。一方、輸出量合計は同4%増となり、過去9ヶ月のうち7回目の増加推移となった。

11月21日付RISIから抜粋


アメリカ州 米国の2017年10月工業生産高指数は前月から0.9%増    

最新の米国産業統計によれば、同国10月の工業生産高指数は前月比0.9%増となった。製造業は前月比1.3%増、水道光熱分野は同2.0%増となったものの、採鉱業では同1.3%減となったが、ハリケーンNateによって、石油およびガス掘削分野が短期間に急落する状況となった。しかしながら、8月9月のハリケーンHarveyとIrmaによる生産高下落から復旧、正常稼働に戻ったことで、10月の産業活動は上向いた。 ハリケーンの影響を除けば、10月の全体の生産高指数は0.3%上昇しており、製造業による生産は10月に0.2%微増となった。7月から9月までの緩やかな上方修正により、第3四半期の工業生産は年率0.3%減となったに過ぎないと推定されているが、これまで発表された推定値は1.5%の減少を示した。過去12ヶ月で工業生産高指数は年率2.9%上昇した。この10月の数字は 2012年の平均と比較すると106.1%であった。また、 10月の工業部門の設備稼働率は77.0%となり、この数字は1972年~2016年の長期推移の平均を2.9%ポイント下回っている。

11月16日付RISIから抜粋


アメリカ州 米国10月の住宅着工件数は前月比13.7%急増、前年同月比では2.9%減

米国の国勢調査局と住宅都市開発局が公表した最新の統計によれば、同国の重要な経済指標のひとつである住宅着工件数は、10月の季節要因調整済みの年率換算値が1,290,000戸で、9月の改定値1,135,000戸から13.7%急増となった。一方、前年同月比でみると2016年10月の1,328,000戸からは2.9%の減少で、昨年の同時期から比べればやや弱含み傾向となっている。ただし10月の数字のうち、一戸建て住宅着工件数は877,000戸で、この分野では前月9月の改定値833,000戸から5.3%の増加となる結果となった。

11月17日付RISIから抜粋


アメリカ州 米WestRock社SC州工場に4億7千万米ドルの新ライナー・ライン導入など高性能化へ

差別化した紙製品やパッケージング・ソリューションでトップ企業の座にある米国のWestRock社が、同国サウスカロライナ州Florenceに位置する同社クラフト・ライナー工場の生産効率、品質、サービス・レベルの飛躍的な改善を目指すとして、本日その投資計画を発表した。2年間で4億1千万ドルの投資には、クラフト・ライナー生産用の330フィートの新たな最新鋭ラインと、3機の古い狭幅の抄紙ラインを入れ替える関連インフラの設置が含まれるとしている。同社は、この新ラインがクラフト・ライナー年産71万トンの生産能力を持つと見込んでいる。前出の投資に加え、同社は別に約6千万米ドルを投入して次の5年間で、新たなライン設置やその他プロジェクト支援を計画している。

11月16日付RISIから抜粋


アメリカ州 伊Toscotec社がSmurfit Kappa社コロンビア工場1号機の再建を無事完了

アイルランドを本拠とするSmurfit Kappa社は、2016年に南米コロンビアBarbosaで所有する抄紙ラインの乾燥工程の再建契約をイタリアを本拠とするToscotec社に発注していた。同ラインの改良後の運転スピードは分速1,000mを目指していた。25ヶ月間を要したこの大規模プロジェクトは、稼働準備に36日間を掛けた末に、2017年7月に無事試運転を実施したとしている。今回のプロジェクトの主要な目標は、運転スピードと生産能力を向上させ、同ラインの効率を改善することにあった。Toscotec社とSmurfit Kappa社が手を組むことで、同工場の生産能力はコンテナーボード年産12万トンまで引き上がったとしている。

11月16日付RISIから抜粋


アメリカ州 10月米国のパッケージ紙出荷量は前年同月比1.6%減

米国森林紙製品協会が公表した最新のレポートによれば、10月の同国パッケージ紙出荷量の合計は、前年同月比1.6%減の223,400トンであった。また、1月~10月の製袋用紙の出荷量累計は前年同期比3.3%増、食品包装紙は同7.1%減となった。10月の設備稼働率は85.5%、1月~10月の期間でみると設備稼働率は88.3%であった。10月末の在庫量の合計は167,800トンで、前月の9月末よりやや減少した。

11月15日付RISIから抜粋


アメリカ州 10月米国コンテナーボード業界の設備稼働率が101%、カートン需要、輸出が好調

米国の最新の産業統計によれば、10月の米国コンテナーボード業界は、好調なカートン出荷量と輸出向け生産量の増加によって、設備稼働率が101%に達したとしている。同国ファイバー・ボックス協会によると、カートン出荷量は前年同月比5.4%増の342億1千8百万平方フィートで、週平均では0.6%増となったとしている。また、1月~10月のカートン出荷量累計は実質前年同期比2.6%増、週平均で3.1%増となっている。一方、コンテナーボードの10月の消費量は、前年同月比5.8%増の280万9千トンで、1月~10月の消費量累計は前年同期比2.6%増となった。一方、10月米国のカートン工場の在庫量合計は7万8千トン減少して230万1千トンとなった。

11月15日付RISIから抜粋


アメリカ州 Sappi北米がミネソタ工場12号機のヘッドボックス交換に600万米ドル投資

多様化する紙製品、パッケージング製品の供給メーカーではトップ企業であるSappi North America社が、同国ミネソタ州に位置する同社Cloquet工場の抄紙ライン12号機のヘッドボックス交換への5百94万米ドルの資本投資について、本日公表したことが分かった。この投資により、同社は優れた坪量プロファイルを提供する最先端の希釈プロファイルのヘッドボックスを追加することで、能力を維持することができたとしている。ヘッドボックスは、パルプ繊維を均一に広げてシート形成を担う抄紙ラインに於ける不可欠な部分である。この投資は、同社のグラフィック紙とパッケージングの顧客に対する確固たる献身を示していると、同社CEOが語った。更に、この新たなヘッドボックスによって、同社の顧客が期待する最高級の品質標準に応えることができると付け加えた。

11月14日付RISIから抜粋


アメリカ州 チリの1月~8月紙パルプ輸出量累計が前年同期比1.5%減

チリ森林協会が公表した最新の統計によれば、同国の2017年1月~8月の紙パルプ輸出量累計は前年同期比1.5%減の336万トンとなったことが分かった。そのうち、パルプ輸出量累計は同2.6%減の300万トン、紙輸出量累計は同8.5%増の368,163トンとなった。パルプ分野をみると、同期間の晒ユーカリパルプ輸出量は同0.7%増の140万トン、晒ラジアタパイン輸出量は同8.2%減で130万トンとなった。また、未晒ラジアタパインが同8.4%増の305,620トンとなった。一方、同国の8ヶ月間のパルプ輸出取引額は前年同期とほぼ同様の16億米ドルであった。

11月14日付RISIから抜粋


アメリカ州 10月ブラジルの段ボール原紙出荷量が前年同月比8.5%増加

ブラジル段ボール原紙協会が公表した統計速報値によると、10月同国の段ボール原紙出荷量は前年同月比8.5%増の312,739トン、前月9月の299,931トンからも4.3%増となった。同協会の資料によると、1月~10月の同国の段ボール原紙出荷量累計は約292万トンで、前年同期比では4.7%の増加となっている。同協会による推測では、2017年の出荷量合計は2016年より3.5%増加が見込まれるとしている。

11月14日付RISIから抜粋


日本紙類輸出・輸入組合員


最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報