「成長市場インドの魅力と将来像」

9月7日、三菱東京UFJ銀行主催で「成長市場インドの魅力と将来像」という題材で?インド・ビジネスセンター代表取締役社長 島田卓氏の講演があった。
今年に入りインド経済は、エネルギー・食料品を主にしたインフレが急激に進み、これに対応した金利の引き上げや政局の不安定、世界景気の減速懸念から、成長率がやや低下する見込みである。しかし、中期的に見れば、世界経済の中心が米国から中国・インドを中心としたアジア地域に移る大きな転換期に入っている。
最近のトピックスでもジャガーの”タタ・モーターズ”によるM&A、タタ・モーターズによる10万ルピー(約2,700ドル)車「ナノ」の開発、第一三共によるインド大手製薬会社ランパクシーの買収等大きな動きが出てきている。
平均年令が若く今後30年、人口増によるボーナス期がおとづれることも大きな成長要因と考えられる。
インフラ整備等による経済の活性化、新規労働力の発生(2,200万人/年)に対応した製造業の発展による雇用の拡大が今後の課題となろう。
いずれにしても足元は世界経済の減速の影響は避けられないが、インド市場の長期的な成長は変わらない。日本にとってもインドは利益を上げられる有数の国になりつつある。いずれ中国に次ぐ重要な国になろう。
(進出日本企業・2006年1月 326社、2008年1月 438社、スズキ、ホンダ、三菱化学等はインドでトップシェアの日本企業)

貿易情報講演会開催のお知らせ

日本紙類輸出組合・日本紙類輸入組合では、合同で、組合員を対象に、貿易情報講演会を開催することとなった。
テーマは、「日本―アセアン海上物流の現状と問題点」とし、日本荷主協会河村常務理事殿を講師にお迎えする。
紙類の交易が一層拡大する中、今回は特にアセアン地区との海上物流関係を中心に組合員の情報拡大を狙った。
師は国際物流の第一人者として、世界各国との関連折衝に当たるお忙しい中、今回の講師をお引きうえ戴いた。
プライマリなことから、カレントなことに至る講義をお願いしている。
なお、今回は、METI紙業生活文化用品課より来賓もお招きしている。
同時に、事務局よりアセアンの紙類交易状況等を説明します。
詳細は、添付書類を参照お願い致します。
日本紙類輸出組合・日本紙類輸入組合 高橋 昭次
式次第

ベトナム 紙輸入関税を削減

ベトナム政府は、紙輸入関税を7-12パーセント削減した。
財務当局の通達によると、新聞用紙の関税は32から20パーセントとなった。また、印刷筆記用紙は32から25パーセントとなった。
ベトナム紙パルプ団体によると、生産高は前年比15-30パーセント増加しているにもかかわらず、国内市場では紙需要が逼迫している。
2008年1-7月の紙輸入は58万5千トンで前年比24パーセント増、同金額は4億7千1百万ドル(同40パーセント増)となっている。国内自給率は60-78パーセントにとどまっている。
http://vietnamnews.vnagency.com.vn/showarticle.php?num=03BUS050908

ギフト・ショー秋2008開催

第66回「東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2008」が2008年9月2日(火)?5日(金)、東京ビックサイトで開催された。
テーマは、「ギフトは思いやり、品格、トレンドが伝わる心と心のコミュニケーション」
ギフトは相手に対する「思いやりの心」が原点である。同時に贈り贈られる物は、価格においても品質においても最高のレベルの品格を保つものが良い。時代のトレンドを取り込み、単に物のやり取りだけでなく、心と心が通じ合うコミュニケーションのツールであり、ギスギスとした現代人の潤滑油となる。
国内だけでなく、海外からも多数出展された。

ASEAN インド・豪・NZとFTA合意

ASEAN (東南アジア諸国連合)は、インドと自由貿易協定 (FTA) で合意し、2009年1月の発効をめざすとともに、オーストラリア、ニュージーランドとも大筋で合意した。
東アジアのFTA網新段階に
日本とASEANの協定は8月に合意し、年内の発効をめざしている。
※ASEAN 主要国(タイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、インドネシア)における2007年のインド、オーストラリア、ニュージーランド向け紙・板紙合計輸出は41万1,660トンで前年比は12.5%増、同輸入は22万6,812トン(同16.4%減)となっている。同3国の2007年シェアは輸出が8.1%、輸入は5.1%となっている。(当組合調べ)

インド 製紙産業展望

インド識者によると、紙国内需要は2020年には2千万トンとなる見込み。その原料として、木材及び竹が40パーセント、バガスと廃材が30パーセント、古紙が30パーセントとしている。
そのほか、輸入、生産、植林などについて展望を示している。
Time paper industry went global