中国造紙工業 2020年需給見込み

中国造紙協会によると、2020年の見通しは、紙・板紙合計生産量が約1億1,000万トンで前年比2.2%増、同消費量は約1億1,400万トン(同6.5%増)となった。 各品種別は以下のとおり(数量はすべて見込み)

新聞用紙 生産量 100万トン(同33.3%減) 消費量 165万トン(同15.4%減)

非塗工印刷用紙 生産量 1,730万トン(同2.8%減) 消費量 1,765万トン(同0.9%増)

塗工印刷用紙 生産量 600万トン(同4.8%減) 消費量 553万トン(同3.4%増)

生活用紙 生産量 1,080万トン(同7.5%増) 消費量 993万トン(同6.8%増)

包装用紙 生産量 700万トン(同0.7%増) 消費量 715万トン(同2.3%増)

白板紙 生産量 1,480万トン(同5.0%増) 消費量 1,360万トン(同6.5%増)

ライナー 生産量 2,300万トン(同5.0%増) 消費量 2,664万トン(同10.9%増)

中芯原紙 生産量 2,310万トン(同4.1%増) 消費量 2,608万トン(同9.9増)

原材料については

パルプ 生産量 1,500万トン(同18.3%増) 消費量 4,000万トン(同11.7%増)

古紙 生産量 5,150万トン(同3.8%減) 消費量 5,400万トン(同横ばい)

となっている。

以上

2020年中国紙・板紙貿易統計

中国海関統計によると、2020年中国紙・板紙輸出は425万3,306トンで前年比20%減となった。同輸入は1,201万6,681トンで同2.0倍となった。

段原紙合計輸入は707万8,993トンで前年比2.3倍となった。そのうち、インドネシアから133万7,948トン(同2.4倍)、ベトナムから83万1,994トン(同97%増)、米国から74万7,797トン(同60%増)、そのほか日本から34万6,341トン(同6.3倍)などとなった。

2020年12月 中国古紙輸入統計

中国税関が発表した2020年12月の古紙輸入は合計105万7,091トンで前年比41%増となった。そのうち、米国から50万674トン(同37%増)、日本から20万3,713トン(同66%増)、香港から8万1,501トン(同37%増)、オランダから6万1,018トン(同2.2倍)、豪州から5万9,716トン(同95%増)などとなった。

同2020年1-12月累計は合計689万3,465トンで前年比37%減となった。

2020年11月 中国古紙輸入統計

中国税関が発表した2020年11月の古紙輸入は合計73万8,236トンで前年比2%減となった。そのうち、米国から44万6,700トン(同19%増)、日本から11万7,168トン(同7%増)、香港から4万9,033トン(同7%増)、豪州から3万9,046トン(同16%増)、英国から1万8,302トン(同82%減)などとなった。

同2020年1-11月累計は合計583万6,375トンで前年比43%減となった。

インド製紙協会 関税引き上げを要請

インド製紙協会(Indian Paper Manufactures Association)は、インド政府に対し紙の輸入関税を現行の10%から25%に引き上げるよう要請した。また、輸入を最終消費者に限り、輸入港も限定することを示唆した。

https://www.euwid-paper.com/news/singlenews/Artikel/indian-paper-manufacturers-association-demands-higher-duties-on-paper-imports.html