中国造紙工業 2019年需給見込み

中国造紙協会によると、2019年の見通しは、紙・板紙合計生産量が約1億370万トンで前年比0.6%減、同消費量は約1億260万トン(同1.7%減)となった。 各品種別は以下のとおり(数量はすべて見込み)

新聞用紙 生産量 150万トン(同21.0%減) 消費量 194万トン(同18.1%減)

非塗工印刷用紙 生産量 1,770万トン(同1.1%増) 消費量 1,735万トン(同0.9%減)

塗工印刷用紙 生産量 650万トン(同0.7%減) 消費量 550万トン(同5.3%減)

生活用紙 生産量 995万トン(同2.5%増) 消費量 923万トン(同2.4%増)

包装用紙 生産量 695万トン(同0.7%増) 消費量 700万トン(同0.1%減)

白板紙 生産量 1,290万トン(同3.3%減) 消費量 1,160万トン(同4.8%減)

ライナー 生産量 2,140万トン(同0.2%減) 消費量 2,332万トン(同0.5%減)

中芯原紙 生産量 2,080万トン(同1.2%減) 消費量 2,209万トン(同0.2%減)

原材料については

パルプ 生産量 1,700万トン(同1.7%減) 消費量 3,910万トン(同0.1%減)

古紙 生産量 5,300万トン(同2.6%減) 消費量 5,390万トン(同1.5%減)

となっている。

以上

中国、859品目関税下げ

中国国務院(政府)は23日、2020年1月1日から冷凍豚肉やオレンジジュースなど859品目の輸入関税を引き下げると発表した。紙類では中芯原紙(HS48051900)等、32品目が6%から5%に引き下げられた。 
その他9品目が6%から4%に引き下げられ、1品目が6%から1%に引き下げれた。
※下記「紙類関税率」PDFを参照

国務院通知
http://www.gov.cn/xinwen/2019-12/23/content_5463213.htm
紙類関税率
http://www.jpeta.or.jp/blog/wp-content/uploads/2019/12/China-tariff-2020.pdf

2019年5月 中国古紙輸入

2019年5月中国古紙輸入合計は79万1,269㌧で前年比7.9%減となった。

そのうち、段ボール古紙が58万4,138㌧(同6.3%増)、上質古紙が2万9,069㌧(同42.3%減)、新聞雑誌古紙が17万8,062㌧(同31.3%減)となった。

国別では米国からが31万3,173㌧(同4.5%減)、日本が14万1,477㌧(同36.4%減)、英国が12万1,295㌧(同28.0%増)、香港が5万4,365㌧(同4.9%減)などとなった。

2019年1-5月累計中国古紙輸入合計は502万5,596㌧(同16.0%減)となった。

中国 米国に第3弾追加関税

中国政府は6月1日より米国からの600億ドル相当の輸入品について関税を5-25%引き上げた。このうち、古紙を除く紙類(47-48類)は107品目が対象となっている。

http://gss.mof.gov.cn/zhengwuxinxi/zhengcefabu/201905/t20190513_3256788.html

2018年の当該品目の米国からの輸入は297万2,094㌧、26億5千9百万ドルとなっている。

http://www.jpeta.or.jp/blog/wp-content/uploads/2019/06/china-tariff-201906.pdf

2019年4月 中国古紙輸入

2019年4月中国古紙輸入合計は94万5,048㌧で前年比20.6%減となった。

そのうち、段ボール古紙が69万3,264㌧(同18.6%減)、上質古紙が4万1,629㌧(同35.0%減)、新聞雑誌古紙が21万155㌧(同23.7%減)となった。

国別では米国からが34万2,400㌧(同43.3%減)、日本が16万5,316㌧(同10.9%増)、英国が14万177㌧(同2.8%減)、香港が6万3,227㌧(同7.4%減)などとなった。

2019年1-4月累計中国古紙輸入合計は423万4,327㌧(同17.3%減)となった。

米国 中国に対し追加関税を25%に引き上げ

米国通商代表部は9日付の官報で、中国に対し2000億ドル相当の輸入品に対する追加関税を10%から25%に引き上げると表明した。10日から実施する模様。

米国の中国からの紙類(HS48類)輸入は2019年1-2月累計で、4億7千8百万ドルとなっている。

米国輸入データ(PDF)

http://www.jpeta.or.jp/blog/wp-content/uploads/2019/05/usimportsfromchina201901_02.pdf

2019年3月 中国古紙輸入

2019年3月中国古紙輸入合計は112万3,682㌧で前年比21.0%減となった。

そのうち、段ボール古紙が87万8,573㌧(同13.5%減)、上質古紙が3万1,310㌧(同42.2%減)、新聞雑誌古紙が21万3,799㌧(同39.4%減)となった。

国別では米国からが40万7,985㌧(同40.0%減)、英国が20万8,408㌧(同13.5%増)、日本が17万4,444㌧(同8.7%増)、オランダが6万5,202㌧(同12.4%増)などとなった。

2019年1-3月累計中国古紙輸入合計は328万9,279㌧(同16.3%減)となった。

中国造紙工業 2018年報告

中国造紙協会は5月、「中国造紙工業2018年度報告」を発表した。

そのなかで、2018年の中国紙・板紙合計生産量は1億435万㌧で前年比は6.2%減となった。また、同消費量は1億439万㌧(同4.2%減)で、需給ギャップは4万㌧の供給不足となった。

紙・板紙海外動向 2018年中国統計(PDF)

http://www.jpeta.or.jp/overseas/chinastats2018.pdf

中国造紙協会ホームページ(中国語)

http://www.chinappi.org/reps/20180508160836956678.html

韓国 グラシン紙AD調査開始

韓国産業通商資源部貿易委員会は、日本、台湾、中国、イタリア製のグラシン紙に対する反ダンピング調査を開始する模様。ハンソル製紙が調査申し立てしたもの。

(中央日報日本語版)

2018年韓国のグラシン紙輸入合計は2万6,774トンで、台湾から1万3,077トン、中国が4,446トン、日本が2,075トン、イタリアが1,218トンなどとなっている。

2019年2月 中国古紙輸入

2019年2月中国古紙輸入合計は76万2,900㌧で前年比39.9%減となった。

そのうち、段ボール古紙が62万7,892㌧(同37.8%減)、上質古紙が2万2,570㌧(同48.0%減)、新聞雑誌古紙が11万2,438㌧(同48.3%減)となった。

国別では米国からが32万7,343㌧(同44.2%減)、英国が15万96㌧(同21.5%減)、日本が7万5,122㌧(同19.2%減)、香港が4万5,899㌧(同11.6%減)などとなった。

2019年1-2月累計中国古紙輸入合計は216万5,597㌧(同13.6%減)となった。