アメリカ州 米国10月の印刷・筆記用紙出荷量が前年同月比7%減

米国森林紙製品協会が発表した最新の月次統計によれば、米国10月の印刷・筆記用紙全体の出荷量は前年同月比7%減少となった。10月の印刷・筆記用紙の主要4品種のうち、上質紙カット判の出荷量は前年同月比で増加したが、これは残りの3つの主要グレードの減少により相殺される結果となった。一方、米国の10月印刷・筆記用紙の購入も同9%減少した。また、在庫は前月の9月末から9%水準を下げた。10月の上質紙カット判の出荷量が前年同月比で増加をみせたのは、今年になって2回目である。また9月の同品種の輸入量は同12%大幅減となり、4ヶ月連続の12%以上下落となったが、引き続き輸出量は同26%の大幅増加となり、17%以上の上昇が5ヶ月連続となった。また、コート紙カット判の10月の輸入量は同17%減で、3ヶ月連続の下降推移である。一方、輸出量合計は同4%増となり、過去9ヶ月のうち7回目の増加推移となった。

11月21日付RISIから抜粋


アジア州 トルコの段ボール箱メーカーAnkutsan社がイスタンブール近郊に新工場建設へ

トルコの段ボール原紙メーカーであるAnkutsan社が、同国イスタンブールの西Cerkezkoyに新たな段ボール・パッケージング工場を建設する計画であることが分かった。同社広報担当者がRISIに語ったところによれば、同社はCerkezkoyに2,800㎜幅のFosberコルゲーターに加え、ボックス加工ラインを新設するべく新たに工場建設の意向で、2018年末までに稼働開始の予定としている。同工場は、既存のIstanbul製函工場に取って代わるもので、同社の系列会社Kutay Ambalaj社が運営を担当する。Kutay社の現在の段ボール原紙生産能力は年産5千万平米としている。今回の投資は、2016年に同国Ankaraで3万7千平米の地にAnkutsun社が2,800㎜幅Fosberコルゲーターを導入して以来のプロジェクトとなる。

11月20日付RISIから抜粋


アメリカ州 米国の2017年10月工業生産高指数は前月から0.9%増    

最新の米国産業統計によれば、同国10月の工業生産高指数は前月比0.9%増となった。製造業は前月比1.3%増、水道光熱分野は同2.0%増となったものの、採鉱業では同1.3%減となったが、ハリケーンNateによって、石油およびガス掘削分野が短期間に急落する状況となった。しかしながら、8月9月のハリケーンHarveyとIrmaによる生産高下落から復旧、正常稼働に戻ったことで、10月の産業活動は上向いた。 ハリケーンの影響を除けば、10月の全体の生産高指数は0.3%上昇しており、製造業による生産は10月に0.2%微増となった。7月から9月までの緩やかな上方修正により、第3四半期の工業生産は年率0.3%減となったに過ぎないと推定されているが、これまで発表された推定値は1.5%の減少を示した。過去12ヶ月で工業生産高指数は年率2.9%上昇した。この10月の数字は 2012年の平均と比較すると106.1%であった。また、 10月の工業部門の設備稼働率は77.0%となり、この数字は1972年~2016年の長期推移の平均を2.9%ポイント下回っている。

11月16日付RISIから抜粋


中国 恒安国際が新疆ウイグル自治区の新工場でティッシュ年産2万5千トンのラインを稼働開始

中国の恒安国際社は、同国新疆ウイグル自治区昌吉市に建設した同社新工場に於いて、最初のティッシュ・ラインを稼働開始させた。同ラインからの最初の製品は日曜に生産されたとしている。市販市場から調達する木質パルプを原料として、同ラインはティッシュ年産2万5千トンの大量生産が可能であるとしている。同ラインの供給会社であるイタリアのToscotec社によれば、25号機となる同ラインは幅2,800㎜、生産スピードは分速1,600mで、直径12フィートのスチール・ヤンキー・ドライヤーを搭載している。また、同工場に於いて別の同仕様のラインもまもなく稼働する見通しである。同工場は、恒安国際社の6番目のティッシュ生産工場であり、同国北西部では最初の工場である。香港証券取引所に上場する同社は、同工場以外の5工場でティッシュ年産合計126万トンを生産している。

11月17日付RISIから抜粋


アジア州 韓国公取委が政府へ日本・中国・フィンランドからの輸入コート紙に対しAD課税を要求

韓国の公正取引員会は木曜日、日本・中国・フィンランドからの輸入コート紙が韓国内で不当廉売され、被害を受けている国内産業を保護する目的で、それら廉価輸入品にアンチダンピング課税を賦課するよう政府に対し要求すると語った。同国貿易省配下にある公正取引委員会は、同国の製紙メーカーであるHansol Paper社、Hongwon Paper社から廉価輸入品によって工場閉鎖や解雇を余儀なくされているとのクレームを受け、6月にアンチダンピング調査に乗り出していたもの。

11月16日付RISIから抜粋


ヨーロッパ州 2017年スペイン再生用古紙の回収量が前年比1.5%増

2017年、スペインに於ける再生用の紙・板紙回収量は、推定で約478万トンにのぼるとみられ、2008年の世界な金融危機以降では、今年4年連続の上昇推移を記録した、と同国企業団体Aspapelが明らかにした。同団体によると、11月現在のデータを基にすると2017年の再生用の紙・板紙回収量は前年比1.5%の成長をみせることになろうとしている。地方自治体の収集や大型流通場、印刷業者、工業企業などの民間事業者による回収によって発生する478万トンの紙と板紙は、 500万トンが達成された2008年以降では歴史的記録であり、2017年は同国での再生用の紙・板紙回収の歴史の中で上位から3番目になると付け加えた。同国で回収された紙と板紙は基本的にすべて、製紙工場でリサイクルされ、新しい再生紙と再生板紙になるとしている。

11月16日付RISIから抜粋


アメリカ州 米国10月の住宅着工件数は前月比13.7%急増、前年同月比では2.9%減

米国の国勢調査局と住宅都市開発局が公表した最新の統計によれば、同国の重要な経済指標のひとつである住宅着工件数は、10月の季節要因調整済みの年率換算値が1,290,000戸で、9月の改定値1,135,000戸から13.7%急増となった。一方、前年同月比でみると2016年10月の1,328,000戸からは2.9%の減少で、昨年の同時期から比べればやや弱含み傾向となっている。ただし10月の数字のうち、一戸建て住宅着工件数は877,000戸で、この分野では前月9月の改定値833,000戸から5.3%の増加となる結果となった。

11月17日付RISIから抜粋


ヨーロッパ州 独REWEグループがプラスチック包装の撲滅運動を継続

ドイツおよびヨーロッパでの小売店分野、観光業で大手のひとつであるREWEグループは、同グループ店舗でのプラスチック包装の分量削減に尽力を続けていることが分かった。既に店舗ではプラスチック製の袋を提供しなくなったが、現在、同グループは果物や野菜の包装に使用される薄いビニール袋の量を減らそうとしている。現在、2つの異なるアプローチで7週間の試行段階を実行しています。 同グループ19の支店では、軽量のビニール袋を賢明に使用する為に、様々なコミュニケーション手段を通じて顧客に向けて奨励している。同グループによれば、多くの果物や野菜には既に自然で堅牢な「保護カバー」が施されており、これらの製品はショッピングカートや家から持参する容器で簡単に輸送できるとしている

11月17日付RISIから抜粋


ヨーロッパ州 スペインEnce社がPontevedraパルプ工場での節水に引き続き尽力

スペインのEnce社は、今年厳しい渇水に見舞われた地域である同国ガリシア州に位置する同社Pontevedra工場に於いて、水の消費量削減に継続的に尽力している。同社が公表した声明文によると、同社は同州水道局によって規定された制限枠内に水の消費量を調整し、8月以来行っている様に同地における現在の干ばつの影響を緩和する節水措置を今後も引き続き導入する予定であるとしている。州政府の水管理担当局であるAguas de Galiciaは、今週初めにLerez川の水位が例年のこの時期の水準より95%低いことを発表したとしている。この状況を緩和する為に同局によって提案された措置の中には、Ence社の水消費権の50%の削減があった。今秋、同工場は水使用量を20%削減するため、年産465,000トンの同パルプ工場で減産を実施していた。

11月16日付RISIから抜粋


アメリカ州 米WestRock社SC州工場に4億7千万米ドルの新ライナー・ライン導入など高性能化へ

差別化した紙製品やパッケージング・ソリューションでトップ企業の座にある米国のWestRock社が、同国サウスカロライナ州Florenceに位置する同社クラフト・ライナー工場の生産効率、品質、サービス・レベルの飛躍的な改善を目指すとして、本日その投資計画を発表した。2年間で4億1千万ドルの投資には、クラフト・ライナー生産用の330フィートの新たな最新鋭ラインと、3機の古い狭幅の抄紙ラインを入れ替える関連インフラの設置が含まれるとしている。同社は、この新ラインがクラフト・ライナー年産71万トンの生産能力を持つと見込んでいる。前出の投資に加え、同社は別に約6千万米ドルを投入して次の5年間で、新たなライン設置やその他プロジェクト支援を計画している。

11月16日付RISIから抜粋


日本紙類輸出・輸入組合員


最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報